交通事故の弁護士を保険会社から紹介された時の適切な対応

保険会社と慰謝料

交通事故で弁護士を保険会社から紹介された場合、自分で探す手間がなくとても便利で助かりますよね。

普段生活をしていると弁護士に相談することはほとんどの人は経験がないと思います。そのため交通事故で弁護士が必要な場合は、保険会社の言いなりになってすべてお任せする人もいるでしょう。

でも被害者の場合は、できるだけ高額な損害賠償金を獲得するには自分の立場になって交渉してくれる弁護士でなければ不利になりそうな不安もあるでしょう。

弁護士を自分で選ぶにしても色々な疑問があり、どのようにするべきか困っている人は多いです。そこで交通事故の弁護士を保険会社から紹介された際、どのように対処するべきか知っておきたいポイントをご説明しましょう。

 

保険会社が弁護士を紹介してくるケース

交通事故弁護士は、保険会社が紹介してくることを知らない方も多いようです。しかし、本来は自分で選ぶ弁護士です。どのような時に保険会社が紹介してくるのか以下のケースを見ていきましょう。

 

・弁護士費用特約を利用する時 

任意保険のオプションとして近年注目されている「弁護士費用特約」というのは、交通事故の被害者が加害者に対して損害賠償請求を行う際に弁護士に介入してもらい、法律相談や交渉にかかる弁護士費用を保険会社が負担する仕組みになっています。

弁護士費用と言われても、相場が分からない人もかなり多いでしょう。被害者にとっては損害賠償金を多くもらう以外にも、弁護士に交渉をしてもらいストレスを減らす目的もあるのです。

弁護士費用特約は、最高額が300万円までが限度になりますので、保険会社の交渉時など不安を解消してスムーズに進めることができますね。

 

・保険会社と弁護士の癒着がある場合 

保険会社は利益を少しでも多く出すために、交通事故の被害者にはできるだけ損害賠償額を低くして提示してきます。

そのような保険会社と被害者の関係を背景に考えて、交通事故の弁護士を保険会社が紹介してくるのは癒着関係がある可能性も考えられます。

保険会社から紹介された弁護士は、保険会社にとって有利に交渉を進めようとしますので、この二人の関係性は持ちつ持たれつで双方にメリットがあるようになっていることも稀にあります。

被害者にとっては、あまり有利ではない状況になる場合もありますので、もし保険会社から弁護士を紹介されるとしたら慎重に判断してください。

 

依頼すべきか判断するには?

保険会社から依頼される弁護士は、皆さん大変実績や経験も豊富で、話が進めやすい点なども被害者にとってメリットになるでしょう。

だからと言って安心して依頼してしまうと、自分と相性が合わなく後から弁護士を変更してもらうことになりかねません。そこで交通事故の弁護士を保険会社から紹介された際、依頼すべきかどうか判断の基準として次の点を考えてみましょう。

 

・自分にメリットがある立場の人かどうか 

保険会社の顧問弁護を引き受ける弁護士は、加害者側も被害者側の事件も双方多く取り扱っています。

加害者側の弁護士なら、保険会社の立場を理解して少しでも賠償金額を低くしようと努力します。また逆の立場では、加害者側から提示される賠償金額を細かくチェックして場合によっては裁判に持ち込む複雑なケースへ進展することもあるでしょう。

このように交通事故の場合は被害者なら、自分にとってメリットが多い弁護士に依頼したほうがなにかと安心です。

 

・後遺障害等級に関するサポート力 

保険会社から弁護士を紹介され実際に弁護士が動き出すのは、被害者の治療が終了して後遺障害等級が確定してからのタイミングが多いといわれています。

そのため弁護士には後遺障害等級の認定に関する手続き等を行ってもらうため、等級獲得するためには弁護士の腕はとても重要になるでしょう。

依頼するか迷った時はこの点を考慮して、弁護士が全力で後遺障害等級の獲得に向けてサポートしてくれるかどうか、または知識や経験が豊富かどうか依頼する前にじっくり検討すべき点になります。

 

・明確な説明をしてくれるか 

交通事故の弁護士を保険会社から紹介された場合、例えば保険会社のオプションの弁護士費用特約を使うために保険会社が指定する弁護士でないといけないルールを決めているところもあります。

どのような場合でも、被害者にとって弁護士の存在は自分の代わりに交渉を進めてくれる立場の人ですから、信頼関係がないといけませんよね。

また法律に関する専門用語にも出会う機会が増えてきますので、依頼者の理解力に合わせてわかりやすく説明をしてくれる姿勢が求められます。

何度も同じことを確認したり、基本的な質問をしたりする場合もあるでしょう。そんな時にも相手の立場になって、丁寧に接してくれる弁護士かどうか判断してください。

 

交通事故の弁護士は自分で選ぶべき理由

保険会社から弁護士を紹介されてもほとんどの場合、個人の自由なので無理に依頼する必要はありません。敏腕な弁護士を紹介してくれるケースもありますが、保険会社が不当な交渉をしたいのかどうか、とても複雑で見抜くことはできないでしょう。

弁護士に依頼をする際は、自分で選ぶことが一番安全です。その理由はなぜか以下のポイントを覚えておきましょう。

 

・セカンドオピニオンがわかる

保険会社から紹介されても、依頼するか決断する前に一度は弁護士事務所でセカンドオピニオンとして相談の上判断しても遅くはありません。

 

・相性の良い人を選べる 

自分で選んだ弁護士なら、自分の条件にぴったり合う人に依頼が可能です。無料相談も行っているので、色々と比較して判断できます。

 

・保険会社の提案が妥当かどうか正しく判断できる

保険会社が提示してくる賠償金額は果たして妥当なものかどうか、被害者が正しく判断することは難しいもの。

保険会社の顧問弁護士だと完全に信頼できない場合もあるでしょう。その点自分で選ぶ弁護士なら、完全に自分の立場になってサポートしてもらえます。

 

まとめ

交通事故の弁護士を保険会社から紹介された場合、信頼関係が築けそうな人であれば依頼しても問題はないでしょう。

しかし少しでも不安や疑問が残る場合は、自分で弁護士を見つけて無料相談で比較してみることが大切ですね。

交通事故に強い弁護士を選ぶには。ネットでわかる4つのポイント
交通事故に強い「交渉専門家」弁護士 交通事故の被害にあった場合は、もっとも大変なのが「加害者の保険会社との示談交渉」です。 法律知識があり示談交渉が得意な人は、自分で交渉をやってもよいと思います。そうでない人は保険会社と示談交渉すること...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました